保険に加入している時の交通事故の事故対応について

トラブルはある日突然やってきます。

どんなに気をつけて運転していても、交通事故の加害者、または、被害者になってしまう事はあるのです。

交通事故に遭ってしまった場合、どのような保険に入っていたとしても自身で行なわなくてはいけない事故対応があります。

交通事故には大きく分けて人身事故と物損事故がありますが、人身事故の場合、真っ先に行なわなければならないのは、負傷者の救護と119番への連絡です。

事故にあった直後に冷静な精神状態でいられる人はいません。

ですが、どのような状況であってもまずは人命救助、人身保護を行なう事が第一なのです。第二に、警察への連絡です。

どんなに軽微な事故であっても、負傷者がいなくても、後々にどのような展開になるかは分からないのです。従って、「これくらいの事故で警察に連絡なんて。」という考えは捨て、必ず警察に届け出をしなくてはいけません。

これらの事が済んだら、速やかに加入している自動車保険会社に連絡をし、事故対応について相談をするのです。事故対応の相談をしただけの段階では、来年の保険料が上がるという事は一切ありません。したがって、軽微な事故であっても、まずは事故対応の相談をし、頼もしい見方であり、交通事故案件のプロフェッショナルである保険会社からのアドバイスを受ける必要があるのです。